アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
なぐさんの観たり聞いたり読んだりblog
ブログ紹介
なぐが、観たり(劇・映画)、聞いたり(音楽他)、読んだり(本やマンガ)、作ったり(編みもの・刺し子など)して、煩悩赴くままテキトーに散文しております。

ご連絡は、コメント欄か、右の柱に表示していますTwitterに、いただけますと幸いです。

気持ち玉・コメントはログインなしで、押せます。いただけると、なぐは小躍りして喜びます。よろしくお願いします\(^o^)/
zoom RSS

ありがとうございました、第3回琴似バルーンフェスティバル

2017/12/04 22:34
第3回琴似バルーンフェスティバルが、終わりました。
相変わらず、子どもたち・そのご父兄さんで大盛況でした。
またまた、絵本の読み聞かせ人「めぐさんのおはなしポケット」はありがたくもお呼びいただきました。絵本を読み、ゲームをし、老若男女のみなさまと楽しい時を過ごして参りましたよ。

<ステージの写真です>
(スタッフさんに撮っていただきました。ありがとうございます。)
画像


(お借りしたヘッドセットを付けています)
画像

画像


今までの経験から、バルーンフェスは比較的幼児さんが多い。と感じていましたので、今回は幼児向けの絵本を多めに。
画像

これは、私には勇気が要ることでした。
私には、ストーリーがはっきりしていて、それなりに起承転結があり、会話が多い本の方が、「大人」として、おもしろさが理解ができる感があったからです。
幼児向けの絵本は、お話が短く、ただしリズミカルで、お子さんと一緒に楽しむ絵本が多いよう。一読しただけで、その絵本の良さはなかなかわかりません。お子さんたちとどう「楽しむ」かを想像して選びました。
今回の経験で、私も少しは、幼児向けの絵本を読む自信がついた気がします。

<第3回琴似バルーンフェスティバルで読んだ絵本>
「どんどこ ももんちゃん」
どんどこ ももんちゃん (ももんちゃん あそぼう)どんどこ ももんちゃん (ももんちゃん あそぼう)
とよた かずひこ

童心社 2001-09-10
売り上げランキング : 9525

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

“ももんちゃんはいそいでいます。どんどこ どんどこ…”
ももんちゃんがなぜ急いでいるのかは、最後までわかりません。
子どもたちと、「どんどこ どんどこ」と一緒に言いながら、読み進みました。
このももんちゃん、オムツをしているのですが、最初に、
「ももんちゃんはいくつかなあ? 赤ちゃんかな? 1歳かな? 2歳かな? 3歳かなあ?」
と言って始めました。(特に大きな意味はなかったのですが)
すると、ももんちゃんが転ぶところで、
「ももんちゃんは泣かないから、3歳だ!」
との声。ずーっと考えてくれたんですねえ。感激しました。

「ソメコとオニ」
ソメコとオニ (岩崎創作絵本)ソメコとオニ (岩崎創作絵本)
斎藤 隆介 滝平 二郎

岩崎書店 1987-07-30
売り上げランキング : 243872

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

幼児よりはやや年齢が高い子向けの本。小学生もいるかもしれない、と思って選びました。
このお話、実は以前大人向けに朗読したら、意外に好評で、「子どもにはどうかな?」と思ったのです。
子ども「聞いたことある!」
おやおや、人形劇などにもなっているもんね。

ここで、じっと聞いてくれた、みんなの身体をほぐすゲーム。
画像

私の歌に合わせて、「トントン」と肩たたきから始めます。
後ろの方の席に座ってらした、ご婦人方が、笑い合っているのが見えました。
そう。この歌は、私の年齢以上じゃないとたぶん知らないメロディなのです。
「トンカラリ肩たたき」→→→→→→→「隣組の歌」のメロディ
時代背景はともかく、私はリズミカルなこの歌で行うレクリエーションが好きであります。

「だっこして」
だっこしてだっこして
エクトル シエラ 村上 康成

佼成出版社 2007-06-01
売り上げランキング : 73047

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

たこの親子のお話。
ちっちゃいたこさんは、どのページでもどのページでも、おかあたこにだっこをせがみます。でも…
子どもたちと一緒に、たこさんの足を数えました。


ここでもう一つ手遊びをやる予定でしたが、子どもたちの集中がいいので、絵本読みを続けることにしました。


「トトトのトナカイさん」
トトトのトナカイさんトトトのトナカイさん
長谷川 義史

ブロンズ新社 2006-02-01
売り上げランキング : 45828

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「この本は受ける」と思ったら、やっぱり!
トナカイさんは季節的に〇。しりとりの絵本です。
“トナカイのイ、イ、イ、イ、イ”
というように、いろんな動物さん(それも大型動物ばかり)たちが飛び込んできます。
動物の名前の書き文字の雰囲気がそれぞれ違うので、文字をイメージして読み上げました。
「さあ、次は何かな? マが付く動物だよ。さあ、何だろ?」
と問いかけますと、会場はしりとり合戦です。

これでおしまい。「ありがとうございます。」
ステージに近寄って来てくれた子どもたち、何人かと「さよなら」の握手!
一人の男の子が「また来てね」と言ってくれました。
その一言で、おばさん、どこにでも行っちゃうゼ!




バルーンフェスティバルの会場の一端をお目にかけましょう。

2階にあった、これはリースかな? この中に入って記念写真を撮っている人が多かったです。
画像


かわいい受付
画像


ステージで行われた、バルーンファッションショーの、トリを飾っていたドレスです。
ゲスト出演なのかな?
花嫁さんのようですねえ。
画像






今年の「めぐさんのおはなしポケット」の活動は、これで終了です。
今年は、いろいろなイベントの計画が変わりまして、絵本の読み聞かせの活動には寂しい年でした。
また営業して、活動範囲を広げなくっちゃね!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

なぐさんの観たり聞いたり読んだりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる